人気ブログランキング |

ohtan's

<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2010年6月29日(火) もしかして・・やっぱり・・・;_;

1週間くらい前から、左腕の付け根というか肩の前面あたりに激痛があり、ひどい時は腕があまりあがらない。
1日中ずーっとではなく、1日のうちに何回かひどい痛みがあるというくらい。
しかし、昨日物を取ろうとした瞬間にまた激痛。わきの下が10cmくらい開く程度しか腕が上がらない。
洋服の脱ぎ着も不自由だし、洗濯を干すとか、物を取るとかもできず。左肩というのが幸いではあるけど、もしかしてこの症状って・・・・、信じたくないけど・・・・と思いつつネットで検索してみた。
やっぱり、どうやらこの症状は「四十肩」らしい。あぁ・・・・。いくつもあてはまる。-_-
半年~1年くらいで、たいていは自然に治るみたい。とはいえ、この顔をしかめるほどの痛みは結構つらい。
なーんか、一気に年をとってしまったみたい。
まだ、40代に足を踏み入れたばかりなんだけどなぁ。でも、もう40代か・・・。あぁ、悲し。
by ohtanmak | 2010-06-29 22:06

レシピ紹介 ~大葉とチーズのカリカリ揚げ~

レシピというほどではありませんが、たくさん採れた大葉を使っての簡単料理。

f0071477_12251630.jpg


【材料】
 ・ぎょうざの皮  1袋
 ・プロセスチーズ
 ・大葉  
 ・塩 少々


【作り方】

 1.ぎょうざの皮を広げ、大葉、チーズ(1個を4等分したもの)を入れて
   巻き終わりと両端を水をつけてしっかりとめる。
  
 2.170度の油でこんがり色がつくまで揚げる。
   ※きっちり端をとめておかないと、チーズが流れ出して大変なことになります。^^;

 3.お好みで塩を軽くふって出来上がり。

 
熱いうちに食べてくださいね。大葉の香りが広がってとても美味です。
豚肉の薄切りに、同じように大葉とチーズを巻いて、パン粉をつけて揚げれば
ボリューム満点のおかずになります。^^
ぎょうざの皮でも豚肉でも冷凍保存OK。一度にたくさん作って、あとは揚げるだけなので結構重宝します。
by ohtanmak | 2010-06-27 12:25 | レシピ紹介

2010年6月27日(日) 収穫

トマトが色づきました。初収穫です。市販されているプチトマトよりはちょっと大きめ。
f0071477_12142876.jpg


今日は4つ収穫。大葉も大きな葉がたくさんになり30枚ほど収穫。いい香り~。
f0071477_12144653.jpg


プチトマトは皮も薄く、甘みがあってとっても美味しかったよ。これからが楽しみです。
たくさんの大葉は「大葉とチーズのカリカリ揚げ」に。作り方はこちら
by ohtanmak | 2010-06-27 12:16 | 家庭菜園

再会  新潮社 重松清

f0071477_12122510.jpg子供の頃、勇気はみんなから称えられ、努力は必ず報われた。
だけど、大人になった今は? 初恋の少女、好きだったマンガの登場人物、いつも笑わせてくれた酔っ払いのおじさん……なつかしい人との再会は、あの頃の自分と出会うこと。こんなはずじゃなかった日々を必死で生きる人たちだけが手にする、ささやかな希望を描く感動作。

やはり重松作品は、痛いところをつかれるというか、読んでいて胸が苦しくなることも多い。

以下、本文より印象に残った部分を抜粋

・・・「割り算の答えの『余り』のように、どうにも収めようのないものが胸にいくつか残ってしまう。それが生きるということ」だ、と割り切ろうとするそばから、苦い半端なものが胸に溜まる。」

「人間って、そのときどきの自分に合った相手と友だちになるんですよ。服のサイズじゃないけど、合わなくなく なったら、自然とお別れすることになるんです」(ベテラン先生が新米の先生の理想論に対して言った言葉)

長い人生の中で理想や希望通りにいくことなんて、数少ない。それがわかってしまった時に感じる失望や悲しみ。そんな気持ちを正直に描く。気持ちが落ち込んでいる時に読むと、本当に辛い。なのに、最後はどこか救われた気持ちになれる。重松清はそんな作品を描くことができる数少ない作家だと思う。
by ohtanmak | 2010-06-27 12:12 | 読書記録

セカンドスプリング 川渕圭一 PHP研究所

f0071477_1293458.jpgみんな、中学三年生に戻っちゃったみたい。
あの日から、魔法にかけられたように―。
どこか憎めない男たちと、輝きを増していく女たち。
ナイスな40代、男女7人が織りなす青春物語。

なーんかね・・。いまいちです。
by ohtanmak | 2010-06-27 12:09 | 読書記録

とび出せ!ドクター  主婦の友社  川渕 圭一

f0071477_1274634.jpg大学病院にはびこる旧態依然の“諸悪”に立ち向かう二人の中年医師、佑太と瀬戸。
不安と挫折の日々に、恋と友情が絡み、やがて新しい出発へ―明るく、楽しく、爽やかに、そしてどこか懐かしい気持にさせてくれる「新・青春小説」

患者とのコミュニケーションを大事とする中年新米医師が、大学病病院の悪い慣習に立ち向かい挫折を繰り返しながらも、一歩ずつ進んでいくさわやかな青春小説。軽い感じで読了。まぁまぁかな。
by ohtanmak | 2010-06-27 12:07 | 読書記録

2010年6月27日(日) キャリア14年

母になって14年。
何も言わなくても、視線とか声のトーンとか表情で「何かあったな」という時はすぐわかる。
「何かあった?」と聞くと、みるみる涙をためて話し始める時もあるし、「別に・・・」と口を閉ざしてしまうこともある。
子供が大きくなり手がかからなくなっても、大人になっていく過程で遭遇する経験で落ち込んだり、悲しんだりすることは多々あり、親の目や支えが必要なことはたくさんある。
親としてのキャリアは子供の年と同じ。「どーんとこい!」というような懐の大きな母にはまだまだほど遠いけど、子供と一緒に悩み、あがきながら、一緒に解決して克服していきたい。
家族みんな元気で笑顔でいるのが一番。
by ohtanmak | 2010-06-14 22:34

2010年6月14日(月) 見たいけど…

本日23:00~W杯カメルーンとの初戦。『見たいなぁ~。でも録画じゃなぁ…。』と光輝。いつもはぐっすり眠っている時間だもんね。今日は宿題や食事やお風呂を早めに済ませて仮眠してから見ようかなぁと真剣に悩んでます。(^_^;)今日の学校での友達との話題はきっと今晩の試合のことでしょう。
by ohtanmak | 2010-06-14 07:53

レシピ紹介 ~おくらの梅白和え~

f0071477_17244180.jpg

以前作った「おくらの梅おかか和え」をアレンジしてみました。

【材料】 
・おくら 1パック(5、6本)
・豆腐 絹ごし 半丁
・梅干し 大1個
・おかか(小袋) 半~1パック
・しょうゆ 少々
・白だし 少々

【作り方】
1. おくらをさっとゆでて輪切りにする
2.豆腐を軽く水切りしておく
3.梅干しの種を取り除いて包丁でたたいてペースト状にする
4.「1」「2」を和え、「3」とおかかを加え、しょう油、白だしで味をととのえる。

疲れた時にぴったり。豆腐のなめらかな触感とおくらのしゃきしゃき感が良いです。^^
by ohtanmak | 2010-06-13 17:24 | レシピ紹介

レシピ紹介 ~なすのみそ炒め~

f0071477_17232667.jpg


【材料】
・なす 1袋(中5本くらい)
・ピーマン 1個
・豚バラ肉 100g
・しょう油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・みそ 小さじ2

【作り方】
1.なす、ピーマンは1口大の乱切りにする
2.豚バラ肉を2,3㎝大に切る
3.調味料を合わせておく
4.豚バラ肉を(油をひかずに)炒める
5.肉の色が変わったら、なすを入れしんなりしてきたらピーマンを入れて炒める
6.あらかじめ合わせておいた調味料を入れて全体になじんだら出来上がり~

豚肉の油がいい感じに野菜にしみこむので、油は使用しません。
ごはんが進む1品です。
by ohtanmak | 2010-06-13 17:23 | レシピ紹介
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

グリムス

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな