ohtan's

カテゴリ:家族旅行( 26 )

2011年3月29日(月) 家族旅行最終日

今日で京都・奈良旅行もおしまい。

まずは、朝ごはんを食べてからお散歩がてらにホテルのすぐ近くの本願寺へ。

本願寺 唐門
黒塗りに極彩色の四脚門で、牡丹に唐獅子、竹に虎、麒麟に孔雀など数々の彫刻が施され、
その豪華で精巧な様を眺めていると時間が経つのも忘れてしまうことから、別名「日暮らし門」と
呼ばれている。
f0071477_12482347.jpg


御影堂
寛永13年(1636)建立。東西48メートル、南北62メートル、高さ29メートル。
中央に親鸞聖人の木像、左右に本願寺歴代門主の御影を安置し、重要な行事は、
この御堂で行われる。
f0071477_1249232.jpg


大いちょう
まるで根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれる樹齢約400年の大銀杏は、
京都市の天然記念物に指定されている。
本願寺に火災があった時、この銀杏から水が噴き出して消し止めたという伝説から、
「水吹き銀杏」とも呼ばれている。
f0071477_12494977.jpg

すごい迫力でした。まだ新芽も出ていなかったけど、葉が生い茂り、秋に紅葉したら見事だろうなぁ・・。


太鼓楼
本願寺の東北角にある重層の楼閣で、内部に今も残る大きな太鼓は、江戸時代には
周囲に時刻を告げる合図となっていたとのこと。
幕末、本願寺を一時的に屯所としていた新撰組による刀傷が、今も残っていると伝えられている。
f0071477_12502034.jpg

新撰組大好きな主人は熱心に説明を読んでました。

ホテルに戻りチェックアウトして、最後の観光へ。
f0071477_18273969.jpg



東寺
東寺は弘法大師空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。
五重塔(国宝)は、京都駅前のビルの林立する中で木造建築の美を際立たせてそびえたつ。
高さ57メートルの日本最高の塔で、寛永20年(1643年)に、徳川家光が再建奉納したもの。

f0071477_12553116.jpg

よく、観光ポスターに使われているアングルで。
左側のしだれ桜が満開になったら、本当にきれいだろうな。
f0071477_12555638.jpg

f0071477_1256166.jpg


三十三間堂
正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称される。
これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によるもの。
「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数も表している。
平安後期、約30年の間、院政を行った後白河上皇が、自身の職住兼備の「法住寺殿」と呼ぶ
院御所内に、当時、権勢を誇った平清盛の資財協力によって創建したもの。

f0071477_12565265.jpg


千体千手観音立像
※御堂の中は撮影禁止なので、写真引用。
前後10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の1000体の観音立像は圧巻。
各像は、頭上に十一の顔をつけ、両脇に40手をもつ通形で、中尊同様の造像法で作られている。
1000体の中、124体はお堂が創建された平安期の尊像、その他が鎌倉期に16年かけて再興された像である。
その約500体には作者名が残され、運慶、快慶で有名な慶派をはじめ、院派、円派と呼ばれる当時の造仏に携わる多くの集団が国家的規模で参加したことが伺えます
f0071477_17524949.jpg

顔がすべて異なり、必ず自分に似た仏像があるということだったので、みんなで一生懸命探してみたよ。
主人にそっくりなのを娘が見つけました。^^
ほんと笑っちゃうくらい「あ!これだ!」って感じでした。
でも、子供たちと私に似た仏像はピンとくるものがなかったなぁ。
後ろの方のよく見えない場所にあったのかな?

エドヒガンザクラが満開でした。
f0071477_12571561.jpg


あっという間の4日間。たくさんの場所を訪れ楽しかったね。
(息子は後半はちょっとつまんなそうだったな。太泰の映画村でも入れてあげればよかったかなー)

京都駅到着。
f0071477_12574944.jpg

さて、帰りますかー。^^
f0071477_1258167.jpg


たくさんの思い出が出来たね!
[PR]
by ohtanmak | 2011-04-17 08:20 | 家族旅行 | Comments(0)

2011年3月28日(月) 家族旅行3日目

3日目です。
まずは娘のリクエストにより「伏見稲荷」へ。

伏見稲荷
稲荷神を祀る全国約4万社の稲荷神社の総本宮とされる。稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。稲荷山には信者から奉納された約一万基の鳥居があり、特に千本鳥居と呼ばれる所は狭い間隔で多数建てられ名所となっている。鳥居を奉納する習わしは江戸時代に始まった。

f0071477_1711776.jpg

お参りの後、「願かけ鳥居」にお願いごとを書きました。
絵馬と同じようなものですが、鳥居の形をしているのが伏見稲荷ならでは。
f0071477_17132563.jpg


f0071477_172158.jpg

このずーっと続く鳥居が圧巻。
f0071477_1723245.jpg

さて、どっちへ行きましょうか?
→ 二人は別々の道へ進みました。・・・といっても、すぐまた一緒の道になったんだけどね^^;)
f0071477_1725414.jpg

おもかる石
願かけをしてから、思った重さよりも軽ければ、願いがかなうという石。
私は、思った以上に重かった・・。願いかなわず???;_;
f0071477_0164475.jpg


平等院
京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。
鳳凰堂(宝)は、10円硬貨の表の絵柄として有名。
f0071477_0243745.jpg

たくさんの人がそうしていたけど、私も10円玉を出して見比べちゃいました。^^;
約1000年も昔に建てられた建造物を今見ることができるってすごいですね。


弐寧坂~産寧坂~清水寺・八坂神社界隈へ。
旅行前半2日間は、寒くて寒くて震えていたけど、今日は暖かくてとてもいいお天気。
坂を登っているうちに汗ばむくらいでした。
桜も咲いていたよ。京都の春です。
f0071477_0373897.jpg

f0071477_0375837.jpg

お土産を買ったり、
買い食いしたりしながら(八橋クレープ)散策。
f0071477_0492817.jpg

清水寺は、3年前に行ったのでカット。^^;
f0071477_0512661.jpg

歩いて、歩いて・・・。
f0071477_0504965.jpg

f0071477_0381326.jpg


八坂神社西楼門へ。
f0071477_0574197.jpg


私たちの旅行初日から、京都のいくつもの観光地は夜ライトアップされていて、
私はそれに出かけたいと思ってました。
でも寒波の影響もあり、桜を楽しむにはまだちょっと早く、子供たちも夕方にはかなり
疲れきってしまって(光輝は神社などばかりで飽きてしまい)その気力がなく、結局
実現できず、私はちょっと残念でした。

八坂神社を出る頃には陽が傾き、あちこちにブルーシートを敷いて場所取りする人たちが。
縁日のようにたくさんの出店があり、ちょっとわくわくする感じだったよ。

いつか機会があったら、桜満開の夜ライトアップされた京都を楽しんでみたいなー。
[PR]
by ohtanmak | 2011-04-17 08:19 | 家族旅行 | Comments(0)

2011年3月27日(日) 家族旅行2日目

旅行2日目は奈良へ。
子供たちは、鹿に会うのが一番?の楽しみでした。
奈良公園の鹿を見て子供たちは「かわいい~」と大喜び。

春日大社
~奈良県奈良市の奈良公園内にある神社。旧称春日神社。式内社(名神大社)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。全国にある春日神社の総本社。

藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。四神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。神紋は下がり藤。武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿が神使とされる。

f0071477_127349.jpg

タイミング良く、鹿が目の前にきたところをパチリ。^^

とても人に慣れていておとなしいよ。
近距離にて撮影。(by 葵)
f0071477_22295593.jpg


鹿せんべいを手にしたら、あっという間に囲まれてしまいました・・。
ちょっと怖い。バッグやコートやらも「カプッ」とやられちゃうので、要注意。
f0071477_1294153.jpg

鯉のえさを買ったら、またも鹿に囲まれました。
結局、このえさのほとんどは鹿に食べられちゃったよ。
f0071477_15314135.jpg


春日大社山門前にて。
f0071477_12101822.jpg


f0071477_22591389.jpg

東大寺
大仏で知られる奈良時代の代表的な寺院で大仏殿は世界最大の木造建築物。
天平15年(743)に聖武天皇が盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)建立の勅願を発令し、
その大仏を安置する寺として国力を挙げて造営された。
f0071477_22593199.jpg

その大きさに圧倒されました。お天気も良く、この写真、絵葉書みたいでしょ?^^

東大寺盧舎那仏像
一般に「奈良の大仏」として知られる仏像(大仏)で、東大寺大仏殿(金堂)の本尊。
聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に
開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)が行われたが、現存する像は
中世・近世の補修がはなはだしく、当初の部分は台座、腹、指の一部など、ごく一部が
残るにすぎない。「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の国宝に指定されている。
f0071477_2301475.jpg

以前、この大仏を作る人達の話を描いた「国銅」を読んでいたので、その内容を思い出しながら、しばし鑑賞しました。

廣目天
四天王(持国天・増長天・廣目天・多聞天)のうちで仏法を守護し十六善神のひとり。
西方を守る神で、筆と経巻を持っている。
f0071477_231029.jpg

多聞天
四天王の一つで、北方を守っている。左手に矛を持ち、右手で仏塔を捧げている。。
f0071477_2314197.jpg



大仏殿の「柱の穴」。大仏さまの鼻の穴の大きさと同じだそうで、高さ30cm、幅37cm、長さ120cm。
この穴をくぐると無病息災のご利益があるらしい。
子供たちは行列に並んでくぐったよ。
f0071477_1232585.jpg

f0071477_12333353.jpg

「リング」の貞子みたい・・・。(笑)



鹿とさよならして、次へ移動。

唐招提寺
唐招提寺は、中国の高僧 鑑真和上(688~763)により創建された律宗の総本山。1989年に「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録された。
f0071477_1311316.jpg


ここでの見どころは千手観音。
一般的には42本の腕で表現されたものが多い中、実際に千の手をもつ観音様。
非常にめずらしいもので小脇手の付き方は圧巻。
※堂内撮影禁止により、写真引用。
f0071477_13112649.jpg


薬師寺
奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山であり、南都七大寺のひとつ。天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿(きどの)町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したもの。
f0071477_1312194.jpg

f0071477_1325254.jpg

娘は「ここ、CMでみたことあるよねー」と喜んでました。^^
f0071477_15455493.jpg


東塔
国宝。現在寺に残る建築のうち、奈良時代(天平年間)にさかのぼる唯一のもの。総高34.1メートル(相輪含む)。日本に現存する江戸時代以前に作られた仏塔としては、東寺五重塔、興福寺五重塔、醍醐寺五重塔に次ぎ、4番目の高さを誇る。
4月からおよそ10年かけて解体修理がおこなわれるとのこと。解体前に見ることができて良かったね。
f0071477_13254337.jpg


西塔
東塔と対称的な位置に建つ。旧塔は享禄元年(1528年)に戦災で焼失し、現在ある塔は1981年に伝統様式・技法で再建されたもの。
f0071477_1326019.jpg


夜は、三条まで移動して歴史好きの主人がとても行きたかった「池田屋事件」跡地へ。
池田屋事件は、幕末の元治元年6月5日に、京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持組織である新選組が襲撃した事件。

ただ、現在はチェーン店の居酒屋になってます・・・。^^;
それでもいいんだそうです。(笑) 
入るとすぐに・・・  出ました。大階段!
f0071477_16235665.jpg

f0071477_16194775.jpg

こんなことまでして、ちょっと娘に引かれ気味・・。
f0071477_16255128.jpg


今日もたくさん歩いてお疲れの4人でした。
[PR]
by ohtanmak | 2011-04-17 08:18 | 家族旅行 | Comments(0)

2011年3月26日(土) 家族旅行1日目

春休みを利用して約1年半ぶりの家族旅行に出発。
今回は、修学旅行に参加できなかった葵のために約束していた京都・奈良へ。
朝7:00前に東京駅を出発。

雨女の私ですが、今回は晴天。富士山が良くみえます。
f0071477_815328.jpg


・・・が、京都駅に近づくにつれ怪しい天気に。-_-
関ヶ原付近では吹雪。家族みんなに白い目で見られました。
私、雨女から雪女になりました。(沈)

9:00過ぎには京都到着。寒い・・。とにかく寒い。
最初の訪問地は嵐山。

渡月橋
~現在の橋は1934年(昭和9年)完成。橋脚と橋桁は鉄筋コンクリート製だが、欄干部分は景勝地である嵐山の風景にとけ込むよう木造となっている。また、観光パンフレットなどにはこの橋が写り込んだ写真が多用されるほか、映画やテレビドラマの撮影で多用されていることもあり、観光地としての嵐山を象徴する橋ともなっている。
亀山上皇が、橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられた。
f0071477_8154167.jpg

みぞれ交じりの雨が降ったりやんだり。なんだか寒々とした雰囲気になっちゃったね。
雨が強くなってきたので、お食事タイム。

お昼ごはんは、生ゆば丼。葵は豆乳ごまだれ豚しゃぶうどん
おいしかったー。満足。満足。
f0071477_816850.jpgf0071477_8162852.jpg


天龍寺
足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
f0071477_817276.jpg


竹林の道
天龍寺北門を出て約350m続く嵯峨野竹林の道。
f0071477_8185880.jpg

葵の行きたかった場所の一つ。思いっきり深呼吸したくなるような清涼感いっぱいのスポット。
とても気持ち良かったよ。

野宮神社
~野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところ。
嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されている。
f0071477_8405510.jpg

竹林の道に囲まれるこの神社。野宮大黒天のそばにある神石「お亀石」をなでながら祈ると、 一年以内に願い事が成就すると言われています。きれいな緑のじゅうたんの広がる苔庭もとてもきれい。

ちょっと疲れたので、一服。みたらし、わらびもち。おいしかったー。
f0071477_8192427.jpgf0071477_820975.jpg



竜安寺
幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させた庭。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭である。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものをつくる。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えるが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでない。室町時代末期の作で特芳禅傑らの優れた禅僧によって作られたものとも伝えられる。
15個の石は、庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているという。

f0071477_8215380.jpg

修学旅行といえばここははずせないねー。
また雪が降り始めました。深々と冷え込み、板張りの床の上の足は冷たくなり、ゆっくり石庭を眺めることは出来ず。ちょっと残念。

寒さでみんなお疲れ気味。体をあたためるためにガイドブックでチェックしていた「山猫軒」にてティータイム。
注文してから焼き上げてくれるワッフルがおすすめ。
子供たちはチョコバナナ、私はベリーベリー。美味でした。
f0071477_8223012.jpgf0071477_8224896.jpg



金閣寺
1994年(平成6年)に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称する。
f0071477_8212821.jpg

1日目最終訪問地。ここも修学旅行では必須だね。
鏡湖池に映る「逆さ金閣」を撮りたかったけど、風で水面が揺れてうまく撮れず。


境内にて一文字写経ができる場所があり、葵がやってみたよ。
文字を書くのが好きなので、とても嬉しかったみたい。もっとやりたいなーと言っていました。^^
f0071477_8232731.jpg


たくさん歩いて疲れたね。
初日は早めに就寝です。
[PR]
by ohtanmak | 2011-04-17 08:17 | 家族旅行 | Comments(0)

2009年8月22日(日) 家族旅行2日目

2日目の朝。お天気は薄日がさすくらい。ホテルの部屋からの眺め。
左にちょこっと映っている水色のものはプール。ほとんど使っているお客さんはおらず^^; 子供たちはちょっと興味があったようですが、水温が低めということでやめておきました。
f0071477_023869.jpg

食事を済ませて、ホテル内にあるボーリング場で1ゲーム。
f0071477_0233356.jpg

f0071477_0235527.jpg

お次は卓球。夕べもやったんだけど、子供たちもだいぶ上達しておもしろくなってきたようです。
元卓球部^^;の私が相手だよー。スマッシュもバンバン打ちこんじゃったよー。(笑)
f0071477_0274328.jpg

ホテルを後にして、 巨大迷路パラディアム へ。平均40分くらいでゴールできるそうです。
入口でタイムカードに時刻をスタンプしてスタート。「き」「ぬ」「が」「わ」の4文字の建物でそれぞれスタンプを全部押せたらゴール。こういうのは子供たちの方が得意のようで葵は50分弱でゴール。光輝はその3分後にゴール。主人は2つを残してリタイア。私は1時間経過してもどうしても最後の1つにたどり着けない・・・。真昼の日差し指す中、あれ?さっきここ通った・・・とか、どうやったらあっちの道に行けるんだろうとか、汗だくで右往左往。3人はゴールの外で待っているし、結局屈辱的なんだけど「ギブアップ扉」を開けてリタイア。T0T
思っていたよりかなり難易度が高かった・・・。
f0071477_0282719.jpg

最後は近くのパターゴルフ場へ。山の中でとても涼しかったけど、コースはいまいちだったかな。でも楽しかったねー。
f0071477_0291868.jpg

ゴルフ場付近には赤とんぼがたくさん。秋だね・・。葵が指を伸ばしたら、ちょこんと止まりました。^0^
2日間たっぷり遊びました。夏休みももうすぐ終わりかぁ・・・。ほんとに楽しい2日間でした。
f0071477_029512.jpg

[PR]
by ohtanmak | 2009-08-23 00:24 | 家族旅行 | Comments(0)

2009年8月21日(金) 家族旅行1日目

夏休みの家族旅行1日目。行先は鬼怒川。宇都宮インターを降りたところで雨がポツポツ・・。
やっぱり雨女?と思ったけど、本降りにはならず一安心。
予想よりも少し早く到着したので、明日訪れようと思っていた「龍王峡」へ。
階段を降りていくとすぐに見えてきたのは、「虹見の滝」
太陽の光が当たると美しい虹が架かることからこの名前がついたそうですが、あいにく曇りがちなお天気だったので、虹を見ることはできず。でも、付近はとても涼しくてマイナスイオンたっぷり~。^0^ ずっとそばで見ていたいくらい。

f0071477_017531.jpg


虹見橋からの龍王峡の眺め。とてもきれいです。紅葉の季節もきれいだろうなぁ。
鬼怒川温泉と川治温泉の間に位置する龍王峡は、約2200万年前にこの付近にあった海底火山が噴出した溶岩を鬼怒川の激流が長い時間をかけ、約3kmにわたり浸食して作り上げた峡谷とのこと。
この峡谷をぐるりと周る約3時間かけて歩くハイキングコースがあるようですが、我が家は橋からの眺めのみです。^^;
f0071477_018131.jpg

f0071477_0183551.jpg


お昼ごはんを食べて、今回の旅行の目的 「キャニオニング」  へ。
キャニオニングとは、名前そのままの【キャニオン=渓谷】で遊ぶフランス発祥のリバースポーツで、岩の上から水面へジャンプしたり、小さな滝をウォータースライダーのように滑り降りたり、川の流れ身をまかせてプカプカ浮かんだり…。川の流れにそって下流にむかって進んでいくリバースポーツ。
これ、ずーっとやりたかったんです。光輝が参加年齢となったので、今年は私の希望により実現。^0^
ウエットスーツにライフジャケットを着て車へ。20分ほど山を登ります。いやー、この間は暑さとの戦い。汗ダラダラで、早く川へ飛び込みたーい!!って感じでした。^^;

スタート地点へ到着。水はとてもきれいでかなり冷たいです。私、こういう岩盤が底になっている川は初めて。すでにこの景色に感動です。防水の使い捨てカメラの写真を取り込んだので、写真画質はいまいちですが、雰囲気は伝わるかなー。
f0071477_1534764.jpg

f0071477_15275335.jpg


最初のポイントへ。ガイドのコマちゃん(女性です!)に突き落とされるように、くぼんだ場所へジャンプ。気持ちいい~!!。いきなりテンションが上がります。^^
そして、黄色のライフジャケットを着ている光輝の場所からちょっと深めのくぼみに飛び込んで、その後仰向けにぷかぷか浮かびながら、岩と岩の間のくぼみを流れていきます。
f0071477_1773458.jpg

f0071477_1561034.jpg

いよいよ最初の岩盤スライダーを体験。頭からの方がよく滑るよ!というアドバイスにより、みんな頭から滑降。
f0071477_15304622.jpg

この景色の中でのプログラム。癒される~。
f0071477_1532327.jpg

パパのダイブ!
f0071477_1538853.jpg

葵のダイブ!
f0071477_15352064.jpg

光輝のダイブ!
f0071477_15353917.jpg

岩盤スライダー(私)
f0071477_16543089.jpg

葵。満面の笑み。
f0071477_1656769.jpg

プログラム終了。今回に一緒に参加した2組(4名)と一緒に記念撮影。
f0071477_16574063.jpg

約3時間でプログラムは終了。着替えと移動を抜くと川で遊べたのは2時間弱くらいだったけど、体も冷えてくるし体力も落ちてくるので、初心者にはこのくらいが妥当かなー。^^;
いやー、本当に楽しかった!またやりたいなー。私はもちろん、主人も子供たちも大満足の1日でした。
[PR]
by ohtanmak | 2009-08-23 00:17 | 家族旅行 | Comments(6)

2008年8月16日(日) 家族旅行 ~軽井沢2日目~

家族旅行2日目。朝はだいぶ涼しくさわやかです。^^
朝早く目が覚めて気持ちがいいので、光輝を誘ってお散歩へ。
(朝が弱い葵はパス・・。主人は夕べ足首を痛めてしまいこれまたパスでした。)
道端に咲くたくさんの花。とってもきれいでした。その一部をご紹介。

つゆくさ。久し振りに群生しているのを見ました。可憐な花はとてもきれい。
f0071477_20452420.jpg

月見草。私、この花大好きです。昔は家の周りにもたくさんあったけどなぁ。
f0071477_20455452.jpg

これはなんていう花だろう?わかりませんでした。
母が教えてくれました。「ぎぼし」というのだそうです。
f0071477_20461992.jpg

へびいちご。この写真だとわかりにくいけど、すごく大きかったです。通常見ている大きさの3倍位。
f0071477_2047178.jpg

アカツメクサ。シロツメクサ(クローバー)と似ているけど、葉の形もだいぶ違います。
f0071477_20472923.jpg

1時間近くお散歩をしてからの食事はとってもおいしかったね!

その後、軽井沢プリンスショッピングプラザへ。
例年だといろいろと観光地をまわるのが常ですが、今回の2日目の目的はお買いもの。
買い物大嫌いだった光輝もだいぶ楽しめるようになってきたしねー。
買い物大好きな葵は、洋服を見たり、雑貨を見たりととても楽しそうでした。
でも、光輝はさすがに洋服などばかりだとつまらないようで、少しご機嫌ななめになってきたので、LEGOへ。途端に目が輝き、色々悩んだあげくこのMisTiKAシリーズ2体をお買い上げ。
とにかく早く組立てたくって、コレを買ってからは「あとどのくらいここにいるの?」とか「そろそろ帰ろうよ~」とお願いされてました。^^;
購入後、組立てはムリだけど中を見たくてお店の外で即パッケージを開けて中身を確認。
うわぁ~。かなり細かいパーツがジャラジャラ・・・。これ、親が手伝うようかなぁ。。(笑)
しかし自宅に帰ってから、すぐに組立てスタート。取説見て、私はちょっと引いたんだけど、光輝は一人で夢中になって2対とも全く手伝ってもらうことなく完成させました。
へー、もうこんなのも一人で作れるんだと感心しちゃった。
他にもシリーズがいくつかあるらしく、それらを合体して別のものも作れるみたいです。
f0071477_227324.jpg

f0071477_2275099.jpg

f0071477_2283727.jpg

スムーズだった行きとは違い、帰りは渋滞・・・。
おまけに昨日に引き続き、夕方から激しい雷雨。
上里あたりでは前があまり見えないほどで、怖いくらいでした。
f0071477_204822.jpg

結局家に帰るまでずっと雷雲はくっついてきて、約4時間半かかり帰宅。お疲れ様でした。
あっという間の2日間。楽しかったね。
あ~、もう夏休みも後半。宿題は早めに片付けましょー。(笑)
[PR]
by ohtanmak | 2008-08-17 20:59 | 家族旅行 | Comments(0)

2008年8月15日(金) 家族旅行 ~軽井沢1日目~

今年の夏休みの家族旅行はまたまた軽井沢へ。ギリギリまで主人のお休み予定が決まらず、
家からも比較的近くて、過ごしやすいこの地に決定。
家を出たのは7:00過ぎ。道もほとんど混むことなく、2時間半位で到着。やっぱり近いなぁ。
まだ、シャッターの下がっているお店もある中、まずは軽井沢銀座へ。
去年のGWに来た時にはあまりの行列に並ぶのを断念したけど、今日は少し並んだだけで食べられた「ミカド珈琲のモカソフト」。
甘さ控えめで、ちょっぴりほろ苦くておいしい。^^やっぱり軽井沢に来たら、コレ食べたいんだよねー。満足。
f0071477_20404327.jpg

お昼は、これまたGWに断念した「わかどり」で焼き鶏丼を食べたい!と思っていたんだけど、1週間ほど前に、TVでこのお店紹介されていたんだよねぇ・・。
案の定、開店前からすごい行列。開店時間も「準備ができたら」というアバウトな表示となっていて、これじゃいつになったら食べられるかわからない・・・ということで、またもや断念。
あぁ~、食べたかったなぁ・・・。またリベンジしますっ!
f0071477_2041886.jpg

その後、塩沢湖近くへ移動。いいお天気で空もきれい。
f0071477_20415120.jpg

f0071477_20421973.jpg

4人でパターゴルフに挑戦。18ホールあり家族で楽しむにはちょうど良いくらいでした
。ハンディを葵と光輝、私にも少しとつけていたんだけど、意外に?上手かった葵。
結構向いてるのかな???
f0071477_20424533.jpg

この真剣な表情。パパと時々打ちっぱなしにいくけどパターゴルフは初めて。なかなか思うように行かず、悔しい思いもたくさんしました。
f0071477_2043917.jpg

私は、どうも強く打ちすぎてしまう傾向でオーバーばかり。^^; はは・・・途中からハンデイを増やす結果となりました・・・。(苦笑)

ゴルフを始めた頃には晴天だったのに、次第に雲が出てきて後半には雷が鳴りだしちゃった。
(写真もだいぶ暗くなっているでしょ?)
そのうちポツポツ降ってきたけど、あと少しだからとプレー続行。
ここでも強烈な雨女ぶりをアピールした私でした。でも、雨が降り出したら、なぜか私は調子がよくなり、前半の不調をカバー。かなり挽回しました。やっぱり雨女だから?(笑)
結果は、葵の優勝!実は私は葵よりもハンディをつけてもらったにもかかわらず勝てませんでした。またやりたいなぁ。
なんとか18ホール回ったころには、雨もだいぶ本降りに・・・。
急いで車に戻った頃にはどしゃ降り。あんなにいい天気だったのにね。
そのままペンションへ直行。イタリアンメニューのおいしい食事をいただき、昼間の疲れかいつもより早く就寝・・・。zzz 明日もたくさん楽しみましょう!
[PR]
by ohtanmak | 2008-08-17 20:43 | 家族旅行 | Comments(0)

2008年5月6日(月) 無事帰宅

覚悟していた渋滞もそれほどではなく、およそ10.5Hかかって、深夜2:30に無事に帰宅しました。
家~家までの走行距離は約1110キロ。そのうち私が運転したのは、300キロくらいかな。^^;
運転が好きな主人が頑張ってくれました。^^ お疲れ様~。
何はともあれ、無事に帰宅できて一安心。
やっぱり、渋滞の中の長距離移動は大変だった。普段したことないからねぇ。
きっとまた大阪にみんなで行く機会があったとしても、次回からはやっぱり新幹線だなぁ。(笑)
[PR]
by ohtanmak | 2008-05-06 23:05 | 家族旅行 | Comments(0)

2008年5月5日(月) 大阪旅行

大阪最終日は、午前中大阪城へ。
昨日の天気とうって変わって小雨が時々パラつくどんよりとした天気でした。
大阪城の前には大阪府庁。「ここに橋本さんがいるんだねー」と光輝。
f0071477_1673362.jpg

大阪城をバックに家族で写真。(光輝撮影。うまいでしょ?^^)
f0071477_168565.jpg

f0071477_22585360.jpg

観光地にはよくある、顔だけくり抜いた看板?お約束ですがここで撮影。
我が家の「姫」と「殿」です。^^
f0071477_1675537.jpg

もうひとつ「大阪ナンパ戦隊 タコヤキレンジャー」
ぼちぼちレッドとコテコテイエローと逆ナンピンク。
f0071477_1691767.jpg

大阪城内で復元した戦国武将の兜を、陣羽織と共に試着し、写真撮影ができるというので、
子供たちは体験してみました。兜も陣羽織も数種類あり、二人ともそれぞれ選択。
光輝が選んだ兜は、秀吉が着用した「馬蘭後立付兜(ばりんうしろだてつきかぶと)」
かなり大きなものなので、相当な重さがあったとか。気をつけないと姿勢が悪くなっちゃいます。
葵が選んだ兜は、真田幸村が着用した「鹿角脇立付兜(かづのわきだてつきかぶと)」
(葵、前髪で顔がよくわかりませ~ん)
f0071477_1694114.jpg

お城を出てから、たこ焼きを食べて休憩。^0^
マンションへ戻り、荷物を持って再度おばあちゃんの病院へ。
京都観光でおばあちゃんへ葵はちりめんのポーチ、光輝はお守りをお土産に購入。
病院で渡したら、涙を浮かべて喜んでくれました。
病室のみでの面会だったので写真は撮れなかったのが残念だけど、また機会があったら
ぜひ会いに行きたいな。

さぁ、これからまた長期戦で帰るぞ~。16:00にインターに入りました。
さて、どのくらいかかるのかな・・・。
[PR]
by ohtanmak | 2008-05-06 22:59 | 家族旅行 | Comments(0)

日々の出来事を。
by ohtanmak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

グリムス

最新のコメント

すみちん、ありがとう。 ..
by ohtanmak at 08:04
お久しぶりにブログお邪魔..
by すみちん at 23:13
すみちん、結局まだ行けて..
by ohtanmak at 00:16
その後行きましたか? ..
by すみちん at 23:48
社食はいいですねー。 ..
by ohtanmak at 23:17

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな