人気ブログランキング |

ohtan's

しあわせのゆでたまご ポプラ社  上条さなえ

f0071477_1194029.jpg
あたし、唯。5年生にして、あたしは「家族って何だろう…」って考えてしまう…。信じられるのは、だいすきな歌、それに、まっ白なゆでたまごだけ。

三人目の母もついに家を出てしまい、姉弟3人それぞれ母親が違うという環境の中で、大好きな歌とゆでたまごを支えに、弟の面倒をみる少女の人間なんて信じられない――と思っていた心の再成を描く。

図書館で児童書の棚に並んでいた本。かわいらしい表紙の絵と題名で選んだのだけど(光輝用に)葵が先に読んでいて「どうだった?」と聞いたら「暗い!」と一言。
え?そんな内容?私も読んでみたら・・・・。うーん・・・・。
結局3人のそれぞれの母も父も全く無責任で救いがなく、唯一助けてくれて、生まれて初めて人を信じ好きになれたのは学校の先生。
親には期待せず、弟二人の世話は自分がみると腹をくくり、唯ちゃんが信じられる大人を見つけたところで話しは終わる。
この内容、児童書としてはどうなんだろう・・・。子供にはもっともっと夢のある話しを読んで欲しいと思う。これは光輝には薦めないでおこう。
by ohtanmak | 2008-08-03 11:12 | 読書記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

グリムス

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな