ohtan's

ダイナマイトビンボー  新潮社  萱野葵

f0071477_23261790.jpgふとした事件がきっかけで労働意欲を捨ててしまったOL。弟と暮らす姉が倹約に頭を絞ったあげくあの手この手で生活保護をかちとろうとする話。ここまでする気力も体力もあるなら「働け!」と突っ込みを入れたくなる。ようやく得た生活保護もウソがバレて資格を失い、ガスも電気も水道も止められて、アパートも追い出され・・・・。姉の背中で弟は息絶えてしまうのか・・というところで終わり。なんだ?これ? 作者の言わんとすることがわからない。

この本にはもう1作、「Merci La vie」(叶えられた祈りから改題)が収められているが、ストーカーに悩まされる過食症の女性が主人公。
この作品は、「新潮新人賞受賞」らしいがなぜ???
ダイナマイトビンボーよりも更に訳わからない。次第に病んでいく主人公の様子は、読んでいても不快。
ここ10年近くの新人賞や芥川賞などの作品は、無味乾燥なものが多いように思う。私の頭が固いのか?審査員はどこを評価しているんだろう??
私の選択が悪いのか、最近はなかなか感銘を受けるような作品に出会えないのが非常に残念。
[PR]
by ohtanmak | 2007-10-25 23:44 | 読書記録 | Comments(0)

日々の出来事を。
by ohtanmak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

グリムス

最新のコメント

すみちん、ありがとう。 ..
by ohtanmak at 08:04
お久しぶりにブログお邪魔..
by すみちん at 23:13
すみちん、結局まだ行けて..
by ohtanmak at 00:16
その後行きましたか? ..
by すみちん at 23:48
社食はいいですねー。 ..
by ohtanmak at 23:17

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな