人気ブログランキング |

ohtan's

ロスト・ケア (2015-1) 葉真中 顕

f0071477_23371042.png






第16回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。 介護に追い詰められていく人々、
正義にしがみつく偽善者、恨みも憎しみもない殺人、正しい者は一人もいない。
人間の尊厳、真の善と悪を、今生きる読者に問う作品。

同僚からのおすすめ本。
ミステリーであるが「介護」という現代社会の問題を提起した作品。
親に介護が必要となった時、当然自分でみてあげたいと思う。今までお世話になった分、次は自分がお世話する、そう思う。しかしそれが何年も何年も続いたら…、娘である自分を認識出来なくなったら…、感謝の言葉どころか罵倒されたり、怯えられたら…。頭では理解できる、今はそんな状態なのだと。でも感情は別のものだ。やるせない気持ちになったり、悲しくなったり、腹が立ったりもするだろう。
ますます拡大する老齢化社会。十分な施設での生活、きめ細かいケア、そんなことが受けられる富裕層は一部だ。ギリギリの生活、ギリギリの精神状態、人間の尊厳、永遠に続くかに思える介護、そんな絶望の中に起きた殺人。しかし、その中に憎しみ、恨みは存在しない。
最後に犯人は言う。これも「介護」なのだと。犯人が自分の父の死を通して感じた思い、きれいごとでは済まない現実味を帯びた言葉が胸につきささった。読後、重い溜息をついた。
by ohtanmak | 2015-01-13 19:07 | 読書記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

グリムス

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな