人気ブログランキング |

ohtan's

2011年3月27日(日) 家族旅行2日目

旅行2日目は奈良へ。
子供たちは、鹿に会うのが一番?の楽しみでした。
奈良公園の鹿を見て子供たちは「かわいい~」と大喜び。

春日大社
~奈良県奈良市の奈良公園内にある神社。旧称春日神社。式内社(名神大社)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。全国にある春日神社の総本社。

藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。四神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。神紋は下がり藤。武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿が神使とされる。

f0071477_127349.jpg

タイミング良く、鹿が目の前にきたところをパチリ。^^

とても人に慣れていておとなしいよ。
近距離にて撮影。(by 葵)
f0071477_22295593.jpg


鹿せんべいを手にしたら、あっという間に囲まれてしまいました・・。
ちょっと怖い。バッグやコートやらも「カプッ」とやられちゃうので、要注意。
f0071477_1294153.jpg

鯉のえさを買ったら、またも鹿に囲まれました。
結局、このえさのほとんどは鹿に食べられちゃったよ。
f0071477_15314135.jpg


春日大社山門前にて。
f0071477_12101822.jpg


f0071477_22591389.jpg

東大寺
大仏で知られる奈良時代の代表的な寺院で大仏殿は世界最大の木造建築物。
天平15年(743)に聖武天皇が盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)建立の勅願を発令し、
その大仏を安置する寺として国力を挙げて造営された。
f0071477_22593199.jpg

その大きさに圧倒されました。お天気も良く、この写真、絵葉書みたいでしょ?^^

東大寺盧舎那仏像
一般に「奈良の大仏」として知られる仏像(大仏)で、東大寺大仏殿(金堂)の本尊。
聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に
開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)が行われたが、現存する像は
中世・近世の補修がはなはだしく、当初の部分は台座、腹、指の一部など、ごく一部が
残るにすぎない。「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の国宝に指定されている。
f0071477_2301475.jpg

以前、この大仏を作る人達の話を描いた「国銅」を読んでいたので、その内容を思い出しながら、しばし鑑賞しました。

廣目天
四天王(持国天・増長天・廣目天・多聞天)のうちで仏法を守護し十六善神のひとり。
西方を守る神で、筆と経巻を持っている。
f0071477_231029.jpg

多聞天
四天王の一つで、北方を守っている。左手に矛を持ち、右手で仏塔を捧げている。。
f0071477_2314197.jpg



大仏殿の「柱の穴」。大仏さまの鼻の穴の大きさと同じだそうで、高さ30cm、幅37cm、長さ120cm。
この穴をくぐると無病息災のご利益があるらしい。
子供たちは行列に並んでくぐったよ。
f0071477_1232585.jpg

f0071477_12333353.jpg

「リング」の貞子みたい・・・。(笑)



鹿とさよならして、次へ移動。

唐招提寺
唐招提寺は、中国の高僧 鑑真和上(688~763)により創建された律宗の総本山。1989年に「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録された。
f0071477_1311316.jpg


ここでの見どころは千手観音。
一般的には42本の腕で表現されたものが多い中、実際に千の手をもつ観音様。
非常にめずらしいもので小脇手の付き方は圧巻。
※堂内撮影禁止により、写真引用。
f0071477_13112649.jpg


薬師寺
奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山であり、南都七大寺のひとつ。天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿(きどの)町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したもの。
f0071477_1312194.jpg

f0071477_1325254.jpg

娘は「ここ、CMでみたことあるよねー」と喜んでました。^^
f0071477_15455493.jpg


東塔
国宝。現在寺に残る建築のうち、奈良時代(天平年間)にさかのぼる唯一のもの。総高34.1メートル(相輪含む)。日本に現存する江戸時代以前に作られた仏塔としては、東寺五重塔、興福寺五重塔、醍醐寺五重塔に次ぎ、4番目の高さを誇る。
4月からおよそ10年かけて解体修理がおこなわれるとのこと。解体前に見ることができて良かったね。
f0071477_13254337.jpg


西塔
東塔と対称的な位置に建つ。旧塔は享禄元年(1528年)に戦災で焼失し、現在ある塔は1981年に伝統様式・技法で再建されたもの。
f0071477_1326019.jpg


夜は、三条まで移動して歴史好きの主人がとても行きたかった「池田屋事件」跡地へ。
池田屋事件は、幕末の元治元年6月5日に、京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持組織である新選組が襲撃した事件。

ただ、現在はチェーン店の居酒屋になってます・・・。^^;
それでもいいんだそうです。(笑) 
入るとすぐに・・・  出ました。大階段!
f0071477_16235665.jpg

f0071477_16194775.jpg

こんなことまでして、ちょっと娘に引かれ気味・・。
f0071477_16255128.jpg


今日もたくさん歩いてお疲れの4人でした。
by ohtanmak | 2011-04-17 08:18 | 家族旅行
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

グリムス

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな