人気ブログランキング |

ohtan's

ケインとアベル(上・下) 新潮文庫  ジェフリーアーチャー

f0071477_1624945.jpgf0071477_16243366.jpg
上)1906年、ポーランドの片田舎で私生児として生れたヴワデクは、極貧の猟師に引きとられた。時を同じくしてボストンの名門ケイン家に生れたウィリアムは、祝福された人生を歩み始めた。ドイツの侵攻で祖国も肉親も失ったヴワデクは、数奇な放浪の旅の果て、無一文の移民としてアメリカに辿りつき、アベルと改名した。
下)ずば抜けた商才と頑張りで社会の底辺からのし上がったアベルは、全米に拡がるホテル・チェーンを作りあげた。一方、出世コースを突き進むケインは、その確かな判断力を認められて大銀行頭取の地位をつかんだ。ホテル王と銀行家、ポーランド移民と名門出のエリート―いずれも典型的といえるふたりのアメリカ人の、皮肉な出会いと成功を通して、20世紀のアメリカ史が甦る大ロマン。

先日の「国銅」に続き、上司からお借りした本。翻訳小説はほとんど読まないので、最初はちょっと抵抗がありましたが、主人公の波乱万丈な人生、時代や運命、環境などによって人は育ち、成長していく様子が見もの。
まぁまぁかな。
by ohtanmak | 2010-05-23 16:24 | 読書記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

グリムス

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな