2006年10月25日(水) 動物づくしによる体をきたえようソング

光輝が、今週末の文化祭(大いちょう祭り)で歌う合唱のタイトルは「動物づくしによる体をきたえようソング」。
毎日のように葵も一緒に歌っているんだけど、その歌詞が変わっている。
馬場のぼる作の、「11ぴきのねこ」というを絵本をもとにしたミュージカル用に
青島広志さんが作曲、井上ひさしさんが作詞し全17曲だそうです。
その中の1曲であるこの歌は、
おなかをすかせたねこたちが、大きな魚を見つけたのに強くてつかまえられず、
大きな魚をやっつけるために体をきたえようと歌う曲です。

そこで、歌詞の一部をご紹介。。おもしろいでしょ?

体をきたえよう、強い体を~
力をたくわえよう、力のこぶを
みんなの力をあわせれば、でっかいことができそうだ。おー!
あらゆる生き物の強さすばらしさを
良さを力を身につけよう

ライオンの落ち着き
ゴリラの力つき
チンパンジーの聡明さ
豚の貪欲さ
牛たちの鈍重さ
こうもりの身軽さ
犬たちの忠実さ
かばのばかぢから
もぐらのつつましさ
ありんこの勤勉さ
ごきぶりのずうずうしさ
ノミのジャンプ力
へびどもの冷ややかさ
かげろうの潔さ
さめの残忍さ
フカの凶暴さ・・・・・・  
[PR]
by ohtanmak | 2006-10-25 18:57 | Comments(0)

子供達のことを中心に日々の出来事を。


by ohtanmak